コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木賊板 トクサイタ

デジタル大辞泉の解説

とくさ‐いた【木賊板】

社寺などの屋根を葺(ふ)くのに用いる、杉・(さわら)・檜(ひのき)などの薄い割り板。厚さは杮板(こけらいた)と栩板(とちいた)との中間で、4.5~6ミリ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくさいた【木賊板】

屋根や庇ひさしを葺くのに用いる薄板。杮板こけらいたより厚く栩板とちいたより薄い。厚さ5ミリメートル 前後の板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

木賊板の関連キーワード木賊葺き薄板社寺