村上義明(読み)むらかみ よしあきら

朝日日本歴史人物事典の解説

村上義明

生年:生没年不詳
安土桃山・江戸時代前期の武将。本名頼勝,義明は通称。はじめ政之助,次郎右衛門。周防守。丹羽長秀に仕え,天正13(1585)年その死後は堀秀政・秀治父子に仕えた。小松城(石川県小松市)城主,のち越後(新潟県)に移り村上城(村上市)城主となった。慶長末年に没したものと思われる。墓は耕雲寺(同市)にある。なお頼勝の猶子忠勝も義明を名乗っている。

(宇野日出生)

村上義明

没年:元和9.9.26(1623.11.18)
生年:生年不詳
江戸初期の武将。通称忠勝。村上頼勝の妹婿戸田氏繁の子で頼勝の養子となる。慶長17(1612)年1月将軍徳川秀忠あての東北諸大名の誓書に村上周防守忠勝とある。高田城主松平忠輝の与力として村上城(新潟県)城主を継ぎ,元和1(1615)年大坂夏の陣では忠輝に従って出陣した。4年4月,家中不取り締まりの理由で改易となり,丹波国(兵庫県)篠山城主松平康重に預けられた。

(横山昭男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android