コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東回り/東廻り ヒガシマワリ

デジタル大辞泉の解説

ひがし‐まわり〔‐まはり〕【東回り/東×廻り】

ある地域の東側を回ること。また、地球を東に向かって回ること。「―でヨーロッパに行く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の東回り/東廻りの言及

【沖縄[県]】より

…また12月24日には,かまどの火の神が昇天し,正月の初旬に下界に戻ってくるといわれている。このほかに時期は不定だが,〈井泉詣(かーめー)〉といって井泉を拝み,水への感謝と健康祈願をする行事や,門中ごとに沖縄島北部の東方霊地を巡拝する〈東(あがり)回り〉や北山への〈今帰仁(なきじん)拝み〉といった行事もある。玉城村百名(ひやくな)の海岸にある〈受水走水(うきんじゆはいんじゆ)〉は東回りの第1の霊地で,この水でアマミキョ(始祖神)がはじめて稲作を行ったといわれている。…

※「東回り/東廻り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone