コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松林廉之助 まつばやし れんのすけ

2件 の用語解説(松林廉之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松林廉之助 まつばやし-れんのすけ

松林飯山(まつばやし-はんざん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松林廉之助

没年:慶応3.1.3(1867.2.7)
生年:天保10.2(1839)
幕末の肥前大村藩(長崎県)藩士,尊攘派志士。父は藩医松林杏哲,母はなか。嘉永5(1852)年江戸に遊学,次いで昌平黌に入る。安政6(1859)年帰藩し藩校五教館の教授。翌万延1(1860)年藩命を受け京の政情を探索。尊王攘夷論に傾斜し文久2(1862)年松本奎堂,岡鹿門と共に大坂に塾を開き,主宰者の名にちなんで双松岡塾と命名した。同3年幕府の圧力により塾は閉鎖,帰藩し藩校の教頭となる。12月渡辺昇らと共に37名の尊攘派の同志を結集,針尾九左衛門を盟主とした。慶応3(1867)年1月3日,城内での謡初の会からの帰途,佐幕派藩士に襲われ絶命。29歳。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松林廉之助の関連キーワード長崎県大村市古町朝長熊平稲田又左衛門梅沢武平小佐々祐利中尾静摩浜田弥兵衛(2)久松源五郎福田弘人山川前耀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone