松林飯山(読み)まつばやし はんざん

美術人名辞典の解説

松林飯山

幕末の漢学者。筑前の人。名は漸、字は伯鴻等。通称は漸之進・廉之助。安積艮斎に師事。のち昌平黌に学び、詩文掛となる。大坂で松本奎堂らと双松岡塾を開き、勤王運動に参加し活躍するが、佐幕派に暗殺された。慶応3年(1867)歿、29才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松林飯山 まつばやし-はんざん

1839-1867 幕末の儒者。
天保(てんぽう)10年2月16日生まれ。肥前大村藩(長崎県)藩儒。安積艮斎(あさか-ごんさい)に師事し,昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。安政6年藩校五教館学頭となり,文久2年大坂で松本奎堂(けいどう)らと双松岡塾をひらいた。藩にあっても尊王派として活躍したが,慶応3年1月3日佐幕派藩士に暗殺された。29歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。名は漸。字(あざな)は伯鴻。通称は漸之進,廉之助。著作に「飯山文存」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android