コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枡掛(け)筋 マスカケスジ

1件 の用語解説(枡掛(け)筋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ますかけ‐すじ〔‐すぢ〕【×枡掛(け)筋】

手のひらの中央を横に貫いた手の筋。長寿の相といわれる。ますかけ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の枡掛(け)筋の言及

【手相学】より

…先天的に母指を欠いて5本の指が一様に並ぶ五指症five fingersには生命線がなく,横行する頭脳線が感情線と一致していわゆる猿線となる。これは母指の発達が十分でない猿に見られることに由来する呼称で,ダウン症候群など母指に異常のある場合のほか,正常でも見ることがあり,日本では枡掛筋(ますかけすじ)といわれ,長寿の相とされた。中国手相術では,感情線は天に応じて君主と父を象徴し貴賤を決める線,頭脳線は人に応じて賢愚を表し貧富を示す線,生命線は地に応じて臣を表し寿命を定める線に該当しており,3本の線条のうち2本が東西ほぼ同一の意義を有している。…

※「枡掛(け)筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone