コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱心 ちゅうしん

大辞林 第三版の解説

ちゅうしん【柱心】

柱の中心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柱心の言及

【畳】より

… 江戸時代以後,畳は庶民の住宅にも敷き詰めて使われるようになった。書院造など上層階級の住宅では部屋の寸法を柱の中心線で決める柱心(はしらしん)制がとられたため,部屋によって畳の寸法が少しずつ違い,畳の互換性はなかったが,庶民の住宅では一定の規格で作り,それに合わせて部屋の寸法を決めたため,畳は家がかわっても使うことができた。ただし,畳の寸法は地域によって違い,西日本では1.90m×0.95mで京間(きようま)と呼び,東日本では1.74m×0.87mで田舎間(いなかま)と呼ばれている。…

※「柱心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柱心の関連キーワード鳳停寺極楽殿朝鮮建築左義長柱松広寺浮石寺田舎間江戸間中心

柱心の関連情報