コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳刃 ヤナギバ

大辞林 第三版の解説

やなぎば【柳刃】

和包丁の一種。細身で先がとがったもの。主に刺身を作るのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柳刃の言及

【包丁(庖丁)】より

…薄刃包丁は菜切包丁ともいい,刃が広く薄く,先のとがっていないもので,おもに野菜を切るのに用いる。刺身包丁は薄刃,細身のもので,先のとがったものととがっていないものとがあり,前者を柳刃,後者を蛸引(たこひき)と呼ぶ。洋風のものには,牛刀(ぎゆうとう)とも呼ぶ肉切包丁や,野菜の皮むきなどに用いるペティナイフがあり,パンやチーズを切る専用のものもある。…

※「柳刃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

柳刃の関連キーワード世田谷・一家殺害戸河内刳物刺身包丁蛸引き和包丁板前

柳刃の関連情報