柴村盛之(読み)しばむら もりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴村盛之 しばむら-もりゆき

?-? 江戸時代前期の和算家。
江戸の人。測量術にもすぐれ,明暦3年(1657)「地方細論集」「格致算書」をあらわした。通称は藤左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android