柴村盛之(読み)しばむら もりゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴村盛之 しばむら-もりゆき

?-? 江戸時代前期の和算家。
江戸の人。測量術にもすぐれ,明暦3年(1657)「地方細論集」「格致算書」をあらわした。通称は藤左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android