コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田久山 しばた きゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田久山 しばた-きゅうざん

?-? 明治時代の陶業家。
大阪の人。明治4年ごろ京都より陶工をまねいて窯をもうけ,楽焼,茶器類をつくり,「久山製」の銘をつけた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田久山の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android