コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴神 シバガミ

デジタル大辞泉の解説

しば‐がみ【×柴神】

峠や山道入口などにあって、通行人の安全を守るという神。通る人が柴や草を手向ける風習がある。柴折り様。柴取り神。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しばがみ【柴神】

道行く人々の安全を守る路傍の神。山道の入り口などにあり、道の通りすがりに柴などを手向たむける習俗がある。柴折様しばおりさま

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の柴神の言及

【栞∥枝折】より

… 以上の枝折語源説に対して折口信夫は,その理由は示していないが,若干の疑念を表明している。枝折を柴折とも書くが,じつは峠や山の口にあって通行の安全を守る道祖神のことを柴神,柴折様などとよんで,通りすがりの人がや青草を手向ける習俗がある。柳田国男はこの柴神を,柴をまつり柴を手向けとする神の名であるとして,柴は今日でいうサカキ(榊)またはシキミ(樒)のことであるとしている。…

※「柴神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柴神の関連キーワード通りすがり境の神手向神

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android