入(り)口(読み)イリグチ

デジタル大辞泉の解説

いり‐ぐち【入(り)口】

《「いりくち」とも》
はいる所。はいりぐち。⇔出口(でぐち)
物事のしはじめ。端緒。「学究生活の入り口」「芸の入り口

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いり‐ぐち【入口】

〘名〙 (「いりくち」とも)
① そこからはいっていく所。はいり
※玉塵抄(1563)二七「神武門はみやこの入口の門なり」
※虎明本狂言・地蔵舞(室町末‐近世初)「在所のいりくちに、制札があらふがお見やらなんだか」
② 物事のはじめ。端緒。
※玉塵抄(1563)二六「ひょっひょとのちにいわうず入り口に云ことはわるいぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この実事習験の学問に比すれば、特に入門(〈注〉イリクチ)の初歩に過ざるのみ」
③ はいりこむことのできる地位。勤め場所。奉公先。くち。
仮名草子・都風俗鑑(1681)二「こちにまかしゃれと手に取やうに請合、諸方をかけまはりて、入くちを聞出し」

いれ‐くち【入口】

〘名〙 (「くちいれ」の「くち」と「いれ」を逆にした語) 江戸時代、奉公人、主として日雇、月雇奉公人の周旋をすること。また、その人。口入屋。桂庵(けいあん)
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「諸方をかけまはりて入くちを聞出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入(り)口の関連情報