コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂小五郎 カツラコゴロウ

大辞林 第三版の解説

かつらこごろう【桂小五郎】

木戸孝允きどたかよしの前名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桂小五郎の言及

【木戸孝允】より

…長州藩出身。初め桂小五郎のち木戸貫治ついで準一郎,孝允と改名,号は松菊。1849年(嘉永2)吉田松陰の門下となり,52年江戸に出て斎藤弥九郎の塾で修業。…

※「桂小五郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

桂小五郎の関連キーワード斎藤弥九郎(初代)薩長芸三藩盟約川辺佐次衛門木戸孝允旧宅上木屋町幾松芝田 総二清水清太郎斎藤弥九郎池田屋事件丙辰丸盟約三浦 逸郎藤田小四郎中島三郎助大島友之允多々良孝平黒田又兵衛土山壮也薩長同盟日柳燕石岡内重俊

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

桂小五郎の関連情報