コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸孝允 きど こういん

12件 の用語解説(木戸孝允の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

木戸孝允

幕末・明治の政治家。長州生。通称は桂小五郎、のち貫治・準一郎、松菊と号する。西郷隆盛大久保利通らと薩長連合の密約を結び、倒幕勢力の結集を計った。維新後は明治政府の中枢に参画。明治10年(1877)歿、44才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きど‐こういん〔‐カウイン〕【木戸孝允】

きどたかよし(木戸孝允)

きど‐たかよし【木戸孝允】

[1833~1877]政治家。長州の人。初め桂小五郎と称し、のち木戸姓。維新の三傑の一人。吉田松陰に学び、討幕の志士として活躍した。明治維新後、五箇条の御誓文の起草、版籍奉還廃藩置県などに尽力。征韓論・台湾征討に反対した。きどこういん。逃げの小五郎のあだ名もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木戸孝允【きどたかよし】

明治初期の代表的政治家。西郷隆盛大久保利通とともに明治維新三傑といわれる。長州萩藩出身。7歳の時に桂家の養子となり,通称桂小五郎。号は松菊または木圭。吉田松陰に師事。
→関連項目木戸幸一斎藤弥九郎薩長同盟参議征韓論廃藩置県萩[市]萩の乱浜田彦蔵広沢真臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸孝允 きど-たかよし

1833-1877 幕末-明治時代の政治家。
天保(てんぽう)4年6月26日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医和田昌景の次男。桂(かつら)孝古の養子。嘉永(かえい)2年吉田松陰の松下村塾にはいる。のち江戸に遊学する。小五郎と称し,新堀松輔の変名もつかった。慶応元年木戸と改姓。西郷隆盛と薩長(さっちょう)同盟をむすび,倒幕をはかる。明治新政府の中枢にあって,「五箇条の誓文」の起草,版籍奉還,廃藩置県を主導した。明治3年参議となり,4年岩倉遣外使節団の全権副使。内政重視の立場から征韓論に反対,台湾出兵にも反対して,独裁をつよめる大久保利通(としみち)と対立,政権の主流からはなれた。西南戦争のさなかの明治10年5月26日病死。45歳。号は松菊(しょうぎく),木圭など。
【格言など】西郷,もうたいていにせんか(末期の言葉)

木戸孝允 きど-こういん

きど-たかよし

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木戸孝允

没年:明治10.5.26(1877)
生年:天保4.6.26(1833.8.11)
幕末維新期の志士,政治家。通称小五郎,号は松菊,竿鈴(干令)。長州(萩)藩医和田昌景の次男。天保11(1840)年桂九郎兵衛の養子となる。嘉永2(1849)年吉田松陰に入門。同5年江戸に遊学,剣客斎藤弥九郎の道場に入り塾頭となる。万延1(1860)年水戸藩の尊攘派と盟約を結び,次第に高杉晋作,久坂玄瑞らと並んで尊攘派のリーダーとなっていったが,その一方で勝海舟,坂本竜馬,横井小楠ら開明派とも親交を持った。文久3(1863)年の8月18日の政変後も京都にとどまって藩の信頼回復に努め,翌年の新選組による池田屋襲撃を逃れたのちも京都に潜み,真木和泉ら激派の突出を抑えようとしたが,禁門の変を未然に防ぐことはできなかった。幕吏の追及も厳しくなり,ついに但馬出石に潜居。身なりをやつして二条大橋の下に潜む桂のもとに,芸妓幾松(木戸松子)が握り飯を運んだという有名なエピソードはこのときのものである。慶応1(1865)年木戸貫治と改名,竜馬の斡旋で薩摩藩と接触し,翌年1月,京都の薩摩邸で西郷隆盛らと薩長連合密約を結ぶ。さらに同3年秋,長州藩を訪問した大久保利通,西郷らと討幕挙兵について協議した。 明治1(1868)年1月,新政府で参与となり,「五箇条の誓文」の起草に当たった。また秋には大久保に封建領主制の改革について説き,この構想は翌2年の版籍奉還となって実現した。同3年6月参議に就任,同4年7月の廃藩置県の断行にも大きく関与した。この間,開明急進派のリーダーとして,漸進派の大久保としばしば意見の対立をみた。同年11月より岩倉遣外使節団副使として欧米を回覧して6年7月に帰国。明治6年の政変では内治派として大久保を支持したが,翌7年,台湾出兵に反対して参議を辞した。8年の大阪会議で将来の立憲制採用を協議して政府に復帰するが,大久保主導体制に不満を漏らすことが多く孤立しがちであった。10年,西南戦争のさなか「西郷よ,いいかげんにしないか」といい残して,京都で病死した。<参考文献>『松菊木戸公伝』

(佐々木克)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集の解説

木戸孝允

 江戸時代末の萩藩[はぎはん]志士[しし]の1人で、明治時代には政治家として活躍しました。吉田松陰[よしだしょういん]の教え子の1人です。桂小五郎[かつらこごろう]と言っていましたが、後に木戸孝允と名乗ります。1866年に西郷隆盛[さいごうたかもり]などと薩長同盟[さっちょうどうめい]を結ぶなど明治維新[めいじいしん]に大きな働きがあり、維新後は版籍奉還[はんせきほうかん]や廃藩置県[はいはんちけん]などの改革を手がけています。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きどたかよし【木戸孝允】

1833‐77(天保4‐明治10)
幕末・明治初期の政治家。大久保利通,西郷隆盛とともに明治維新の三傑と称される。長州藩出身。初め桂小五郎のち木戸貫治ついで準一郎,孝允と改名,号は松菊。1849年(嘉永2)吉田松陰の門下となり,52年江戸に出て斎藤弥九郎の塾で修業。やがて尊王攘夷運動に参加し,60年(万延1)井伊大老暗殺直後に水戸藩士西丸帯刀(たてわき)らと丙辰丸盟約を結んだ。尊王攘夷運動の隆盛期に長州藩を代表して諸藩人士と接触,ひろく知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きどたかよし【木戸孝允】

1833~1877) 政治家。長州藩士。号は松菊。桂小五郎と称し、のち木戸と改姓。尊攘運動に参加、薩長同盟を結んで倒幕運動を指導。維新政府の中心となり「五箇条の御誓文」起草に参画、版籍奉還・廃藩置県を推進した。征韓論・征台論に反対。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木戸孝允
きどたかよし

[生]天保4(1833).6.26. 長門
[没]1877.5.26. 京都
明治初期の政治家。通称桂小五郎。幕末・維新期に長州藩の代表格として討幕運動に尽力,西郷隆盛大久保利通とともに明治維新三傑とも称される。長州藩藩医和田昌景の子として生まれ,7歳で桂家の嗣子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木戸孝允
きどたかよし
(1833―1877)

幕末・維新期の政治家。旧長州藩士。大久保利通(おおくぼとしみち)、西郷隆盛(さいごうたかもり)と並ぶ「維新三傑」の一人。天保(てんぽう)4年6月26日、同藩士和田家に出生。7歳で桂(かつら)九郎兵衛家の嗣子(しし)となり、通称を小五郎と称したが、1865年(慶応1)藩主から木戸姓をもらい、貫治、準一郎と改め、松菊と号した。1849年(嘉永2)吉田松陰(よしだしょういん)の門弟となり、その後、江戸に留学、また江川太郎左衛門から洋式砲術を学んだ。1858年(安政5)以降、安政(あんせい)の大獄後の状況のなかで、自藩をはじめ、薩摩(さつま)、水戸、越前(えちぜん)諸藩の尊攘(そんじょう)派の志士と広く交わり、尊王攘夷(じょうい)運動に奔走した。1864年(元治1)禁門(きんもん)の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)で薩摩藩などと戦って長州藩が敗走したのち、高杉晋作(たかすぎしんさく)らの長州藩討幕派が同藩の実権を掌握すると帰藩し、諸藩と折衝する過程で、1866年薩長同盟を締結することに成功。以後、討幕派の一代表として活躍した。
 幕府倒壊による明治維新の実現後、政府官僚として太政官(だじょうかん)に出仕、参与、総裁局顧問などを務め、由利公正(ゆりきみまさ)や福岡孝弟(ふくおかたかちか)らと「五か条の誓文(せいもん)」の起草に参加した。さらに1870年(明治3)には参議に昇進し、版籍奉還、ついで廃藩置県を通じて、統一政権の成立に指導的役割を果たした。また1871年には、特命全権大使岩倉具視(いわくらともみ)が率いる米欧遣外使節団に大久保利通、伊藤博文(いとうひろぶみ)らと加わり、外国の政治、経済、軍事などの諸制度や施設を視察した。1873年帰国後、岩倉、大久保らとともに、西郷隆盛らが主張する征韓論に反対して彼らを退け、下野させた。しかし、この直後に成立した大久保の独裁政権には批判的立場を示し、政府の支配体制の枠内で啓蒙(けいもう)官僚として行動した。1874年の台湾出兵に反対して一時参議を辞任したこともあったが、翌年の大阪会議では大久保らの政府主流派に妥協して、再度、参議に復帰した。その後は地方官会議議長に就任し、また内閣顧問に転任したこともあったが、このころから、病気を得て要職から退き、西南戦争の最中、明治10年5月26日京都で死去した。
 明治国家の成立の過程で、最初の絶対主義政権の形態をとった岩倉―大久保体制内部にあって、木戸の意識と行動はその開明的立場を代表する側面を示していたが、状況を展望する政治的資質においては明晰(めいせき)な大久保の能力に劣っていた。[石塚裕道]
『木戸公伝記編纂所編『松菊木戸公伝』全2巻(1927・明治書院) ▽木戸孝允関係文書研究会編『木戸孝允関係文書』全5巻(2005~ ・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の木戸孝允の言及

【岩倉使節団】より

…その目的は,(1)幕末に条約を結んだ国への新政府による国書の奉呈,(2)上記条約改正への予備交渉,(3)米欧各国の近代的制度・文物の調査・研究であったが,(2)の問題では成功せず,もっぱら(1)と(3)を主として遂行した。使節団の首脳は,右大臣岩倉(公卿,47歳――出発当時の数え年,以下同)のほか副使に参議木戸孝允(山口,39歳),大蔵卿大久保利通(鹿児島,42歳),工部大輔伊藤博文(山口,31歳),外務少輔山口尚芳(なおよし)(佐賀,33歳)がなり,各省派遣の専門官である理事官や書記官など総勢50名に近い大使節団であった。これまで一般的には《日本外交文書》第4巻所収の〈各国使節一行名前書〉により48名とされているが(51名説もある),出発間際まで発令の変更・取消しなどあり,メンバーの入れかわりもかなりある。…

【大阪会議】より

…1875年1月から2月に,大阪で開かれた政府指導層間の会談。征韓論による政府内部の対立のため,西郷隆盛,板垣退助らが下野し,次いで参議木戸孝允も台湾出兵などに反対してその職を辞した。こうして〈有司専制〉支配を固めて,政権の土台を確立しようとしていた参議・内務卿大久保利通の地位は孤立した。…

※「木戸孝允」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木戸孝允の関連キーワード日野資始山中信天翁山本長五郎雲奔る西郷斬首剣/人間の剣 幕末維新編4新撰組残夢剣/人間の剣 幕末維新編3血煙り新選組/人間の剣 幕末維新編1無銘剣対狂剣/人間の剣 幕末維新編2松平左近宮地正人

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木戸孝允の関連情報