コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑山可斎 くわやま かさい

2件 の用語解説(桑山可斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桑山可斎

江戸初期の茶人・武士。名は貞政・貞寄、通称は下総守。桑山宗仙の孫。茶湯を片桐石州に学ぶ。怡渓宗悦とともに「石州三百ヶ条」の注解を試みたという。元禄13年(1700)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑山可斎 くわやま-かさい

桑山貞政(くわやま-さだまさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桑山可斎の関連キーワード村瀬佐助金森重直兼常徳庵小川卜斎桑山貞政桑山貞代鈴木恕敬(初代)鈴木恕敬(2代)山岡伝五郎渡辺立庵

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone