コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くわ クワ

デジタル大辞泉の解説

く‐わ〔‐は〕

[感]《「こは」の音変化という》相手の注意を引こうとするときに発する語。さあ。これは。ほら。
「―、これを御覧ぜよ」〈宇治拾遺・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くわ

( 感 )
相手の注意をひきつけるときに発する語。さあ。これは。こりゃ。 「 -御覧ぜよ/落窪 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

くわの関連キーワード京都府亀岡市上矢田町埼玉県加須市北大くわ桑山貞晴(2)クワバタオハラ虫が好かない桑原次右衛門青霞境有翠獅噛みの兜田打ち正月桑原幾太郎角本・角元桑山重長鋤き返す学生割引マーカム鋤き返し北尾政美桑山可斎桑の弓耕墾器

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くわの関連情報