コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井雪保 さくらい せっぽ

朝日日本歴史人物事典の解説

桜井雪保

没年:文政7.9.9(1824.10.30)
生年:生年不詳
江戸後期の画家。水戸から江戸に出て雪舟流を標榜した画家桜井雪館の娘。名は保子といい,秋山,桂月,小雲谷と号した。容貌はいかつく,酒豪であったと伝える。父の跡を継ぎ,姪の絢を養女とし,弟子の筒井半山とめあわせて系脈を保った。画風は父の矯激な表現をやや柔らげて,本来の雪舟風に一歩近づいている。作品に「鍾馗図」(茨城県歴史館蔵)がある。

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

桜井雪保の関連キーワード桜井秋山没年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android