コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の日

デジタル大辞泉プラスの解説

梅の日

6月6日。紀州梅の会が制定和歌山県の名産品、梅をPRする。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

梅の日

室町時代の天文14(1545)年6月6日(旧暦4月17日)、時の天皇が京都・賀茂神社例祭に梅を献上した故事に由来する。恵みの雨が降り、五穀豊穣(ほうじょう)をもたらしたとされ、田辺市みなべ町など和歌山自治体やJA、梅加工業者でつくる「紀州梅の会」が日本記念日協会に申請。2006年6月に登録された。

(2016-06-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

梅の日の関連キーワード室町時代6月6日梅雨入梅

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅の日の関連情報