コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅の日

2件 の用語解説(梅の日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

梅の日

6月6日。紀州梅の会が制定。和歌山県の名産品、梅をPRする。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

梅の日

室町時代の天文14(1545)年6月6日(旧暦4月17日)、時の天皇が京都・賀茂神社の例祭に梅を献上した故事に由来する。恵みの雨が降り、五穀豊穣(ほうじょう)をもたらしたとされ、田辺市やみなべ町など和歌山の自治体やJA、梅加工業者でつくる「紀州梅の会」が日本記念日協会に申請。2006年6月に登録された。

(2016-06-06 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

梅の日の関連キーワードうすいえんどうの日公認会計士の日さやえんどうの日搾りレモンと紀州梅の粗塩飴海苔と紀州梅のはさみ焼き和歌山県和歌山市大谷和歌山県和歌山市毛見和歌山県和歌山市吹上和歌山県海南市船尾和歌山県日高郡みなべ町山内

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

梅の日の関連情報