コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠正虎 くすのき まさとら

3件 の用語解説(楠正虎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

楠正虎

戦国時代の文筆家。織田信長豊臣秀吉の右筆。備前国生。初め大饗甚四郎、長左衛門尉と称し、足利義輝に仕え正虎と名のった。書を飯尾常房に学び、世尊寺流の一流の書家であり、和歌や鼓などにも優れた。自ら楠正成の子孫と称し、楠家再興を許された。文禄5年(1596)歿、77才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楠正虎
くすのきまさとら

[生]?
[没]慶長1(1596)
安土桃山時代の文筆家。法名長諳 (ちょうあん) 。初め足利義輝に仕え,のち織田信長,豊臣秀吉の右筆 (ゆうひつ) をつとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone