コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極低出生体重児 ごくていしゅっせいたいじゅうじvery low birth weight infant

知恵蔵miniの解説

極低出生体重児

出生時体重が2500グラム未満の低出生体重児のうち、1500グラム未満の新生児のこと。低出生体重児は体の機能に未熟な点が多く、免疫力も弱いため、様々な病気を併発する合併症が起こりやすい。極低出生体重児では、更にその確率が高まるため、十分に発達するまで新生児集中治療施設(NICU)などでの養育・治療が必要となる。成熟児に比べれば軽度の発達の遅れや運動障害が残る割合は多くなるものの、近年は新生児医療の進歩により、死亡や重度の障害が残る確率は格段に減少している。しかし、2012年に名古屋大学医学部付属病院でNICUに入院していた極低体重児の新生児が感染症で死亡したケースもあり、病院側には徹底した管理・治療体制が求められる。

(2012-12-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ごくていしゅっせいたいじゅう‐じ〔ゴクテイシユツセイタイヂユウ‐〕【極低出生体重児】

出生時の体重が1500グラム未満の低出生体重児極小未熟児VLBWI(very low birth weight infant)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

極低出生体重児の関連キーワード未熟児網膜症脳性まひ未熟児

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android