コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楷書体 カイショタイ

デジタル大辞泉の解説

かいしょ‐たい【楷書体】

楷書」に同じ。特に活字書体についていう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の楷書体の言及

【レタリング】より

…漢字を例にとれば,隷書体は秦代(前221‐前207)に生まれたが,製紙術発明以前で竹片(竹簡)や木の札(木簡)に硬い筆毛で書いたため,文字の最後の,筆毛がはねる形が波形になり,これが隷書体の特徴になった。楷書体は製紙術が発明されたことに応じて確立され,筆毛もやわらかくなり,線の強弱が表現しやすくなった。宋代には現在通行する篆(てん),隷,楷,行,草の5書体がそろっている。…

※「楷書体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

楷書体の関連キーワードデモティッククーファ体雁塔聖教序真字二分金真名・真字金井沢碑フォント常用漢字神崎正誼山ノ上碑ナスヒ体教科書体連綿体清朝体官宣旨多胡碑清朝真体

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楷書体の関連情報