コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活字書体 カツジショタイ

百科事典マイペディアの解説

活字書体【かつじしょたい】

和文活字は字数が多いせいもあり10種類ほど。最も一般的なのは明朝体で,16世紀から中国の明で使われていたものである。日本には明治初期,本木昌造が長崎で活版所を開いた時,米国人を通じて上海から伝わった書体が母体となっている。
→関連項目活字

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

図書館情報学用語辞典の解説

活字書体

活版印刷や写真植字を前提にデザインされた書体.和文の活字書体には,明朝体,楷書体ゴシック体があり,ほかにかな書体としてアンチック体とカナモジ体がある.楷書体には,清朝体正楷書体,教科書体がある.また,まれな例としては,隷書,行書,草書,宋朝など漢字の歴史的書体からなるものがある.欧文の活字書体は多様であるが,familyとしていくつかの系統に区分される.familyには,Caslon,Bodoniといった考案者や鋳造所の名が付けられていることが多い.またfamilyの書風を保持しつつ,字幅の広狭,黒さなどの変化により生じた一連の書体をseriesという.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

活字書体の関連キーワードタイポグラフィーカリグラフィーエリック ギルタイプ孔版印刷タイポグラフィカッサンドル野村 宗十郎センチュリーサンセリフイタリック活版印刷ローマン宋朝体活字体セリフギル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android