コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楷書 かいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楷書
かいしょ

漢字の書体の一つ。真書正書ともいう。字義に,法,式,則,模などの意味があるように,一点一画を正確に書く書体。隷書から生じたもの。書道史的にみると,中国,魏の鍾 繇 (しょうよう) や東晋の書聖王羲之らにより確立され,北魏,隋の碑刻などを経て,初唐にいたり欧陽詢虞世南褚遂良 (ちょすいりょう) の3大家により空前の盛観を呈した。その楷書の代表作はそれぞれ,『九成宮醴泉銘』『孔子廟堂碑』『雁塔聖教序』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐しょ【楷書】

漢字の書体の一。点画を正確に書、現在、最も標準的な書体とされている。隷書から転じたもので、六朝(りくちょう)中期に始まりのころ完成した。真書。正書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

楷書【かいしょ】

正書,真書とも。漢字の書体の一つで,一点一画を正確に書き,方正な形にまとめる書体。隷書から脱化して生まれたもの。漢末・三国時代ごろに芽ばえ,魏晋ごろに形成され,初唐に至って最も発達した。
→関連項目王羲之王献之欧陽詢行書虞世南祝允明鍾【よう】張旭碑碣楊凝式柳公権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かいしょ【楷書】

漢字の書体の一。字画をくずさずきちんと書く書き方。隷書などから転化したもので、中国の三世紀中頃から使用された。真書。正書。真。楷。 → 行書草書

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楷書
かいしょ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楷書の関連キーワード真字二分判金デモティック四角な文字クーファ体真字二分金顔氏家廟碑ナスヒ体活字書体吉田晩稼豊道春海永字八法教科書体川村驥山真行草中書格桂直行真書き正楷書楽毅論楷書体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

楷書の関連情報