コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樋貫/飛貫 ヒヌキ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぬき【×貫/飛貫】

頭貫(かしらぬき)と内法貫(うちのりぬき)との間に入れる貫。鳥居の島木の下の貫など。
神明造りの棟の障泥板(あおりいた)を水平に貫いている貫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

樋貫/飛貫の関連キーワード島木頭貫