島木(読み)シマキ

大辞林 第三版の解説

しまき【島木】

姓氏の一。

しまぎ【島木】

鳥居の笠木かさぎの下に渡す長い横木。 → 鳥居

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しまき【島木】

(「しまぎ」とも) 姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の島木の言及

【鳥居】より


[構造]
 2本の柱を建て,その上に笠木(かさぎ)を渡し,その下方に貫(ぬき)を通す(図1)。笠木の下に接して平行に島木を渡し,島木と貫との間に額束(がくつか)を設けてそこに額をかけたものも多い。笠木の両端の反りあがっている部分は反増(そりまし)と呼ぶ。…

※「島木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島木の関連情報