コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標的の原野

1件 の用語解説(標的の原野の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

標的の原野

英国の作家ボブ・ラングレーの冒険小説(1978)。原題《Deathstalk》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標的の原野の関連キーワード衛星軌道の死闘エベレストの彼方オータム・タイガー最終兵器駆動最果ての征服者砂漠のテロリスト灼熱の死闘ブリザードの死闘北壁の死闘ランニング・フォックス秘密指令

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone