コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧州宇宙機関 おうしゅううちゅうきかんEuropean Space Agency

翻訳|European Space Agency

4件 の用語解説(欧州宇宙機関の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

欧州宇宙機関

ヨーロッパ各国が共同で設立した、宇宙開発・研究機関。略称ESA。本部所在地は、フランス・パリ。ロケット射場は、フランス領ギアナギアナ宇宙センター(CSG)。年間総予算、約30億ユーロ(2008年度)。1975年に欧州宇宙ロケット開発機構(ELDO)と欧州宇宙研究機構(ESRO)が合併し設立された。設立参加国はイギリスドイツイタリア、フランスなど10カ国で、更に2010年2月までに8カ国が正式加盟国として加わった。1979年、アリアン・ロケットの初打ち上げに成功し、2011年現在、世界の民間衛星商用打ち上げ実績の約半分を占めている。03年にはヨーロッパ初の火星探査機「マーズ・エクスプレス」が打ち上げられ火星に到着、着陸機は行方不明となったが、13年11月、火星の大渓谷「ヘベス谷」の詳細な姿を届けるなど、周回機が火星の写真を撮り続けている。

(2013-11-13)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

欧州宇宙機関【おうしゅううちゅうきかん】

ESA(イーエスエー)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欧州宇宙機関の関連情報