コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武庫泊 ムコノトマリ

デジタル大辞泉の解説

むこ‐の‐とまり【武庫泊】

兵庫県武庫川河口付近にあった古代の港。
「住吉(すみのえ)の得名津(えなつ)に立ちて見渡せば―ゆ出づる舟人」〈・二八三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むこのとまり【武庫泊】

兵庫県武庫川河口付近にあった古代の海港。 「見渡せば-ゆ出づる舟人/万葉集 283

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の武庫泊の言及

【武庫】より

…摂津国武庫郡内の地名。武庫郡は現兵庫県西宮市にあたり,その東部を武庫川が流れ,河口には古代に武庫泊(むこのとまり)が営まれていた。大阪湾をはさんで難波津の対岸にあたるので〈向こう〉が武庫の語源であるといい,また神功皇后が兵具をおさめたことから名が起こったともいわれる。…

※「武庫泊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

武庫泊の関連キーワード摂津国舟人

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android