コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代 コダイ

デジタル大辞泉の解説

こ‐だい【古代】

[名]
古い時代。大昔。いにしえ。「古代の物語」
歴史の時代区分の一。原始時代中世との間。日本史では、一般に奈良時代平安時代をさすが、大和政権時代を含むこともある。世界史では、原始社会のあと、封建社会の成立までの時代をいう。
[名・形動ナリ]
古めかしいこと。また、そのさま。古風。昔風。
「―なる人ありて、なほ、とかしこまりて書かすれば」〈かげろふ・上〉
年寄りじみていること。また、そのさま。
「其の比ほひまでは人の心も―なりけるに」〈今昔・二九・一二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集の解説

古代

 歴史の時代区分の1つで、原始時代と中世の間の時代です。日本では奈良・平安時代をさしますが、大和朝廷[やまとちょうてい]の時代を含める場合もあります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

古代

東京都台東区、大心堂雷おこしが製造・販売する銘菓。厳選した落花生、おこし種、水飴砂糖原料にしたおこし。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こだい【古代】

古い時代。遠い昔。
時代区分の一。原始時代に続き、中世封建時代に先行する時代。世界史的には、階級と国家が発生し、普遍的な文明が花開く段階で、ギリシャ・ローマや秦・漢を典型とする。日本史では、一般に大和朝廷の時代から奈良・平安時代までをさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古代の言及

【時代区分】より

…しかし時代区分の区分原理が全歴史に適用されるのでなければ,時代区分としては恣意的といわなければならない。 便宜的な時代区分として今日もっとも広く使われているのは,古代・中世・現代(近代)という三時代区分であるようにみえる。それは16世紀ヨーロッパのルネサンス運動の中で,この運動の指導者たちが,これから出発すべき新しい時代を〈現代〉,これに改新の手段を与える模範とすべきギリシア・ローマの古典古代文明を生んだ時代を〈古代〉,その中間のキリスト教中心の時代を〈中世〉ととらえたことに由来する。…

※「古代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

古代の関連キーワードフィンレー(Moses I. Finley)フュステル・ド・クーランジュフュステルドクーランジュフランツ アルトハイムM.I. フィンレーアンフィテアトル古代ブルガリア語山形県長井市草岡メソポタミア文明フォルツナツスウィンケルマンハーゼブレックアンフシ墳墓群オリエント文明世界の七不思議シャクンタラーオストラコンアンヒアロス東京都台東区アンタリヤ

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古代の関連情報