古代(読み)こだい

精選版 日本国語大辞典「古代」の解説

こ‐だい【古代】

〘名〙
い時代。むかし。いにしえ。
※源氏(1001‐14頃)若菜上「こたいのひが事どもや侍りつらむ」
② (形動) 古めかしいこと。ふるくさいこと。また、そのさま。ふう。古風。旧式。
※蜻蛉(974頃)上「こだいなる人ありて、なほと、かしこまりてかかすれば」
③ (形動) 年寄じみていること。ふけていること。また、そのさま。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「こたいにうちしはぶきつつ、の中の事ども奏し給ふついでに」
歴史時代区分の一つ。原始につづき、中世以前の時期。日本の場合は、奈良平安時代をさすことが多く、大和政権の時代を含むこともある。世界史的には、原始社会のあとの奴隷制社会にあたる。
※円形劇場から(1970)〈辻邦生〉「その小都市にも古代の円形劇場が残り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古代」の解説

こ‐だい【古代】

[名]
古い時代。大昔。いにしえ。「古代の物語」
歴史の時代区分の一。原始時代中世との間。日本史では、一般に奈良時代平安時代をさすが、大和政権時代を含むこともある。世界史では、原始社会のあと、封建社会の成立までの時代をいう。
[名・形動ナリ]
古めかしいこと。また、そのさま。古風。昔風。
「―なる人ありて、なほ、とかしこまりて書かすれば」〈かげろふ・上〉
年寄りじみていること。また、そのさま。
「其の比ほひまでは人の心も―なりけるに」〈今昔・二九・一二〉
[類語]大昔太古上古上代

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

防府市歴史用語集「古代」の解説

古代

 歴史の時代区分の1つで、原始時代と中世の間の時代です。日本では奈良・平安時代をさしますが、大和朝廷[やまとちょうてい]の時代を含める場合もあります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

世界大百科事典内の古代の言及

【時代区分】より

…しかし時代区分の区分原理が全歴史に適用されるのでなければ,時代区分としては恣意的といわなければならない。 便宜的な時代区分として今日もっとも広く使われているのは,古代・中世・現代(近代)という三時代区分であるようにみえる。それは16世紀ヨーロッパのルネサンス運動の中で,この運動の指導者たちが,これから出発すべき新しい時代を〈現代〉,これに改新の手段を与える模範とすべきギリシア・ローマの古典古代文明を生んだ時代を〈古代〉,その中間のキリスト教中心の時代を〈中世〉ととらえたことに由来する。…

※「古代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android