コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

母屋桁 モヤゲタ

大辞林 第三版の解説

もやげた【母屋桁】

母屋もや

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の母屋桁の言及

【社寺建築構造】より

…なお,近世の虹梁は,側面に渦や若葉と呼ばれる文様を彫り込んだり,根元に彫刻をつけるなど,装飾化が著しい。 天井を張らないとき(化粧屋根裏という)は,和様では虹梁の上に蟇股を並べ,さらに虹梁と蟇股を置く二重虹梁蟇股と呼ばれる方式によるか,あるいは虹梁上に合掌を組んで母屋桁(もやげた)と棟木(むなぎ)を支え,その上に垂木を並べる。垂木を支える桁のうち,いちばん上にあるものを棟木,中間にあるものを母屋桁(あるいは母屋),いちばん外側にあるものを丸桁(がぎよう)(あるいは桁)という。…

【母屋】より

…たとえば,仏堂では母屋に仏像を安置し,庇を礼拝空間とする,あるいは寝殿における儀式の場合,身分の高い者は母屋に,低い者は庇に着座する例などがあげられる。なお桁(けた)のうち丸桁(がぎよう)よりも内側にあり,棟との間で垂木(たるき)を受ける桁を母屋桁という。【清水 拡】。…

※「母屋桁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

母屋桁の関連キーワード差母屋懸魚隅木母屋

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android