コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷盤 ヒョウバン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ばん【氷盤】

広範囲に張りつめたの面。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

海の事典の解説

氷盤

流氷の個々の巨大な氷塊をを氷盤という。氷盤はその大きさによって、径が10m~200mのものを小氷盤(small ice floe)、200m~1kmのものを中氷盤(medium ice floe)、1~10kmのものを大氷盤(big ice floe)、それ以上のものを巨氷盤(vast ice floe)と区別される。小氷盤よりも小さい氷塊は、板氷(ice cake)と呼ばれる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

氷盤の関連キーワードシュミット(Otto Yul'evich Shmidt)フロー氷礫土板氷(流氷)パパーニンナンセンラミング流氷野しらせ砕氷船起伏氷南極流氷海氷