コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷盤 ヒョウバン

海の事典の解説

氷盤

流氷の個々の巨大な氷塊をを氷盤という。氷盤はその大きさによって、径が10m~200mのものを小氷盤(small ice floe)、200m~1kmのものを中氷盤(medium ice floe)、1~10kmのものを大氷盤(big ice floe)、それ以上のものを巨氷盤(vast ice floe)と区別される。小氷盤よりも小さい氷塊は、板氷(ice cake)と呼ばれる。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

氷盤の関連情報