コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼河姫命 ぬなかわひめのみこと

2件 の用語解説(沼河姫命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼河姫命 ぬなかわひめのみこと

古事記」にみえる神。
高志(越)国(こしのくに)沼川(新潟県)にすみ,大国主神(おおくにぬしのかみ)との間で求愛の歌をかわした。沼河日売ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沼河姫命

『古事記』にみえる越の国(北陸地方)の女神で大国主命(オオクニヌシノミコト)と結婚する。オオクニヌシがわざわざ出雲から求婚にくる様子は,歌のやり取りを中心とした歌物語のかたちで記され,女性がいったん拒否したのちに,結婚を受け入れるという古代の婚姻説話の型通りに展開するが,拒否にあったオオクニヌシのいらだった様子など,いささかコミカルな調子で描かれる。この神は現在新潟県糸魚川市内の奴奈川神社に祭られているが,ここは古来ヒスイの採れる土地で,神名も「玉(宝石)の採れる川の女神」を意味しているので,出雲のオオクニヌシとの結婚話は,出雲と越のヒスイ交易の歴史を反映したものとも考えられている。<参考文献>神田典城『日本神話論考』

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沼河姫命の関連キーワード古事記伝北陸地方越の国越の道北陸兄磯城古訓古事記糸媛櫛明玉神真若王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone