コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼河姫命 ぬなかわひめのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沼河姫命 ぬなかわひめのみこと

古事記」にみえる神。
高志(越)国(こしのくに)沼川(新潟県)にすみ,大国主神(おおくにぬしのかみ)との間で求愛の歌をかわした。沼河日売ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沼河姫命

『古事記』にみえる越の国(北陸地方)の女神で大国主命(オオクニヌシノミコト)と結婚する。オオクニヌシがわざわざ出雲から求婚にくる様子は,歌のやり取りを中心とした歌物語のかたちで記され,女性がいったん拒否したのちに,結婚を受け入れるという古代の婚姻説話の型通りに展開するが,拒否にあったオオクニヌシのいらだった様子など,いささかコミカルな調子で描かれる。この神は現在新潟県糸魚川市内の奴奈川神社に祭られているが,ここは古来ヒスイの採れる土地で,神名も「玉(宝石)の採れる川の女神」を意味しているので,出雲のオオクニヌシとの結婚話は,出雲と越のヒスイ交易の歴史を反映したものとも考えられている。<参考文献>神田典城『日本神話論考』

(神田典城)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報