コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法均尼 ホウキンニ

4件 の用語解説(法均尼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうきん‐に〔ホフキン‐〕【法均尼】

和気広虫(わけのひろむし)の法名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうきんに【法均尼】

730~799) 奈良末期の女官。俗名、和気広虫わけのひろむし。清麻呂の姉。孝謙上皇に仕え、上皇に従って出家。弟清麻呂の宇佐八幡神託事件に連座したが、のちに赦され、孤児の養育などに携わった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の法均尼の言及

【和気広虫】より

…清麻呂の姉。その名が史料にはじめてみえるのは762年(天平宝字6)女孺,豎子として天皇の勅を伝宣したときで,同年孝謙上皇の出家にしたがい尼となり,法均尼を称した。当時,郡司の子女は采女(うねめ)として出仕したから,広虫もこの例に従い備前国藤野郡より出身したのであろう。…

※「法均尼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone