コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣き輪(読み)ナキワ

デジタル大辞泉の解説

なき‐わ【泣き輪】

《はめるのに泣きたいほど苦労するところから》や樽のいちばん底にはめる、たが。
「鮎のすし桶―が切れて」〈胆大小心録

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる