コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胆大小心録 たんだいしょうしんろく

5件 の用語解説(胆大小心録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胆大小心録
たんだいしょうしんろく

江戸時代後期の随筆。上田秋成著。3巻。文化5 (1808) 年成立。交友のこと,国学上の考証,未完の創作の断片などを約 160条にわたって集めており,秋成の精神の推移をうかがううえで貴重な資料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たんだいしょうしんろく〔タンダイセウシンロク〕【胆大小心録】

江戸後期の随筆。3巻。上田秋成著。文化5年(1808)成立。自伝や人物評・国学・和歌など、広い分野にわたる論評を収録。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんだいしょうしんろく【胆大小心録】

江戸時代の随筆。上田秋成著。1808‐09年(文化5‐6)成立。著者最晩年の成立で,自筆本を含め数種類の写本が伝えられる。口語体の文章により,見聞や回想,学問的考証や儒仏神諸道に関する感想が断片ふうに自由なかたちで記されている。また歴史上の人物や身近な知人たちを歯にきぬきせずに批評し,秋成の人柄と晩年の心事,関心を伝える資料として大きな価値をもつ。【中村 博保】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんだいしょうしんろく【胆大小心録】

随筆。三巻。上田秋成著。1808年成立。作者一生の回想録で、秋成の世界観・思想などの総決算というべき作品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胆大小心録
たんだいしょうしんろく

上田秋成(あきなり)の随筆集。1808年(文化5)成立。秋成が最晩年の心事を自在につづった随筆集で、163条の短文からなり、自筆本のほか数種の写本が伝えられている。和歌・俳諧(はいかい)に関する意見や学問的考証、国史に対する感想や儒仏(じゅぶつ)の説、あるいは、知友についての批評や自伝的な回想、世俗の見聞に及ぶなど、内心の関心事のすべてが平易な口語で記されていて、秋成その人を知るうえで欠かせない資料である。題名は『唐書(とうじょ)』「隠逸(いんいつ)」の孫思(そんしばく)のことば「胆ハ大ナルヲ欲シ、心ハ小(細心)ナルヲ欲ス」からとられている。[中村博保]
『中村幸彦校注『日本古典文学大系56 上田秋成集』(1959・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胆大小心録の関連キーワード羽倉信美藤簍冊子俳句上田加藤美樹浅茅が宿 秋成幻想上田瑚璉枕雲宝山文蔵(11代)森山重雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone