コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田道叱 つだ どうしつ

2件 の用語解説(津田道叱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田道叱 つだ-どうしつ

天王寺屋道叱(てんのうじや-どうしつ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津田道叱

生年:生没年不詳
安土桃山時代の堺の豪商で茶人。津田(天王寺屋)宗達の弟,宗及の叔父。『天王寺屋会記』にしばしば登場するが,それによれば天文23(1554)年12月に兄の宗達を招いた茶会にはじめてみえ,慶長4(1599)年閏3月に博多の神屋宗湛を招いた茶会を最後とする。天王寺屋の主な商圏のひとつである九州方面の担当者といってもよく,たびたび九州へ出張している。大友宗麟に用いられ,永禄10(1567)年をはじめとして,特に大友氏の領域内での活躍が大きかった。当時大友氏の勢力が博多におよんでいたことから,博多の豪商島井宗室や神屋宗湛らと親交があり,それが博多衆の中央進出のひとつの契機となった。<参考文献>泉澄一『堺と博多』

(吉田豊)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津田道叱の関連キーワード津田宗凡山岡如軒祐長宗弥(味)安土桃山時代津田宗達天王寺屋伊勢・安土桃山文化村銭屋宗訥津田宗柏天王寺屋道叱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone