コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王寺屋道叱 てんのうじや どうしつ

1件 の用語解説(天王寺屋道叱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天王寺屋道叱 てんのうじや-どうしつ

?-? 織豊時代の茶人。
津田宗柏の4男。津田宗及の叔父。津田宗達の弟。堺の豪商天王寺屋の一族。紹鴎(じょうおう)流の茶道をまなぶ。豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟に重用され,筑前(ちくぜん)博多の豪商神谷宗湛,島井宗室らと親交をむすぶ。慶長4年(1599)宗湛をまねき茶会をひらく。唐絵と茶器の名品を多数所蔵していた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天王寺屋道叱の関連キーワード津田宗凡山田宗也織豊時代網干屋道琳石津屋宗嬰石橋良叱大文字屋栄清津田宗柏津田隼人藪内宗和

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone