コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天王寺屋道叱 てんのうじや どうしつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天王寺屋道叱 てんのうじや-どうしつ

?-? 織豊時代の茶人。
津田宗柏の4男。津田宗及の叔父。津田宗達の弟。堺の豪商天王寺屋の一族。紹鴎(じょうおう)流の茶道をまなぶ。豊後(ぶんご)(大分県)の大友宗麟に重用され,筑前(ちくぜん)博多の豪商神谷宗湛,島井宗室らと親交をむすぶ。慶長4年(1599)宗湛をまねき茶会をひらく。唐絵茶器の名品を多数所蔵していた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天王寺屋道叱の関連キーワード津田道叱津田宗柏嶋井宗室茶人

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android