コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活錘 カッスイ

デジタル大辞泉の解説

かっ‐すい〔クワツ‐〕【活×錘】

くいを打ち込むのに使う重いおもり。・鎖などをつけて滑車で引き上げ、くいの頭部に落として打ち込む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かっすい【活錘】

くいを打つのに用いる重い鉄のおもり。綱や鎖を付けて滑車で引き上げ、杭の上に落として打ち込む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android