浅見光彦(読み)あさみみつひこ

知恵蔵miniの解説

浅見光彦

内田康夫の推理小説、及び、それを原作としたテレビドラマに主役として登場するフリーのルポライター。取材先などで殺人事件に巻き込まれ、素人探偵として事件を解決する。『後鳥羽伝説殺人事件』に登場して以来、「名家の次男坊で長身・甘いマスクの33歳独身貴族」という従来にない探偵像が受け、彼を主人公とする作品は多数執筆されている。その人気は架空の人物とは思えないほどで、著者の居住する軽井沢には「浅見光彦倶楽部」と称するファンクラブとクラブハウスがあり、ファンの交流の場となっている。複数の局でテレビドラマ化され、これまでに日本テレビ版では水谷豊、TBS版では辰巳琢郎、沢村一樹、フジテレビ版では榎木孝明、中村俊介が浅見役を演じている。2012年9月3日放送回で浅見役を卒業する沢村一樹は、他局を含め歴代最長となる12年間、同役を務めた。

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浅見光彦の関連情報