コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浸炭鋼 しんたんこう

大辞林 第三版の解説

しんたんこう【浸炭鋼】

滲炭させて表面を硬くする目的で製造された鋼。また、滲炭した鋼。表面層は硬く磨耗に耐え、中心部は十分靭性じんせいを保つ。はだ焼き鋼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浸炭鋼
しんたんこう

浸炭法」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の浸炭鋼の言及

【鉄】より

… B.ハンツマンの1740年のるつぼ鋳鋼法の発明もまた製鉄技術における一つの画期であった。浸炭鋼をるつぼに密閉し,その周囲にコークスを詰め,高い煙突で強い引きを生じさせて強熱し,溶けた鋼を製造する方法である。スラグを完全に分離した鋼は優秀で,人々は初めて真に信頼できる道具鋼を得たのである。…

※「浸炭鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浸炭鋼の関連キーワードハンツマン爪車装置磨耗冶金

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android