コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清水清太郎 しみず せいたろう

2件 の用語解説(清水清太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

清水清太郎 しみず-せいたろう

清水親知(しみず-ちかとも)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

清水清太郎

没年:元治1.12.25(1865.1.22)
生年:天保14.6.9(1843.7.6)
幕末の長州(萩)藩の重臣。名は親知,字は子済,号は葭堂。清水家の分家に生まれ,本家で大組の重臣であった清水美作親春(3710石余)の養子に入る。文久1(1861)年,大橋訥庵に入門。同3年学習院用掛を勤め,桂小五郎(木戸孝允)らと尊王攘夷運動に参画した。帰藩して,8月,藩制改革後の老中に特に任じられ,国元加判役になる。文久3年8月18日の政変後,山陰・山陽の諸藩の工作に当たった。翌年の禁門の変で長州藩が敗れたのちも,周布政之助と共に岩国藩などへ赴き,尊攘派勢力の挽回に努めたがならず,閉居し,俗論派のために自刃を命じられた。

(井上勝生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清水清太郎の関連キーワード宍戸左馬之介大槻竜之進沖剛介菅野淡水寺島忠三郎難波伝兵衛平島武次郎堀庄次郎前田孫右衛門山田宇右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone