長州(読み)ながす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長州
ながす

大分県北部,宇佐市の北部の駅館川河口右岸にある中心市街地の一つ。旧町名。 1967年近隣3町と合併して宇佐市となる。水陸交通の要地に発達した砂州上の集落で,醸造業,製麺業が盛ん。長洲漁港ではエビ,ノリなどを水揚げするほか,沿岸ではハマグリ,アサリの養殖が行なわれる。8月 15日夜の長州精霊送りは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐しゅう チャウシウ【長州】

[1] 〘名〙 長く突出た州崎。〔曹丕‐於玄武陂作詩〕
[2] 長門国の異称。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七「遊長州臨海館 藤原通憲」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の長州の言及

【長門国】より

…旧国名。長州。現在の山口県の西半部。…

※「長州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長州の関連情報