コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡し賃 ワタシチン

デジタル大辞泉の解説

わたし‐ちん【渡し賃】

渡し船の料金。渡し代。渡し銭。
有料の橋を渡るときの代金。橋銭。渡し銭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わたしちん【渡し賃】

渡し銭 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の渡し賃の言及

【渡し】より

…こうした運脚夫たちを接待する施設として渡しの近くにも布施屋(ふせや)が政府によって,また行基のような僧侶によってつくられたことが知られる。【千田 稔】
[渡船場と渡し守]
 荒川の多い日本では,通常時は徒渉可能でも,降水・出水時に渡船を必要とする場合が多く,架橋の多くなる近世,近代においてまでも,渡し賃を目当てとする渡船場と渡し守が存在した。それは必ずしも零細なものでなく,古代社会では,妻訪(つまどい)の旅の途次の景行天皇から渡し賃を取った摂津国高瀬済の度子(わたしもり)の説話が伝えられている(《播磨国風土記》)。…

※「渡し賃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡し賃の関連キーワードカロン(ギリシア神話)Charon川会所九十川六道銭カロン輦台

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡し賃の関連情報