料金(読み)りょうきん

精選版 日本国語大辞典「料金」の解説

りょう‐きん レウ‥【料金】

〘名〙 他から利益を受けたり、営造物・施設・設備などを利用あるいは使用したり、手数をかけたりしたことに対して支払う金銭。また、運輸機関運賃とは別に支払われる、グリーン車、特急列車、寝台などの使用代金をいう。
※逓信省令第四十六号‐明治三三年(1900)九月一日「電報に関する料金は発信の際郵便切手を頼信紙に貼付して納むべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「料金」の解説

りょう‐きん〔レウ‐〕【料金】

何かを使用または利用したことに対して支払う金銭。運輸機関では、運賃とは別に支払われる、グリーン車・寝台などの使用代金をいう。「電話料金」「特急料金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の料金の言及

【価格形成】より

…しかしながら,ピーク需要に供給能力を合わすと,他の時間帯や季節には供給設備の一部は遊休化する。このとき,設備を有効に使う一つの方法として,ピーク需要時の料金を高めに設定して,ピーク需要を抑制する一方,非ピーク時の料金を低くしてその期の需要を喚起する方策が考えられる。日本の電力料金にもこのような考え方がとり入れられ,真夏の工業用電力の単価は夏季以外の季節のそれよりも高くなっている。…

※「料金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android