代金(読み)だいきん

精選版 日本国語大辞典「代金」の解説

だい‐きん【代金】

〘名〙 品物または労力の対価として、買主が売主や労力の提供者に支払う金銭。代価。代銭。あたい。しろ。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)六「鯛の事壱牧の代金(ダイキン)壱両弐歩づつ、しかも尾かしらにて壱尺二三寸の中鯛なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android