源行綱(読み)みなもとの ゆきつな

朝日日本歴史人物事典の解説

源行綱

生年:生没年不詳
平安末期の武将。頼盛の長男で,摂津国河辺郡(兵庫県)多田荘本拠とする多田源氏棟梁。正五位下,蔵人・伯耆守。多田太郎,多田蔵人と称す。治承1(1177)年の鹿ケ谷事件で,平家討滅の謀議に参加しながら途中で裏切り,平清盛に密告したことは,『平家物語』などで有名。その後,一時,安芸国へ配流となるが,まもなく許されて平家方に属していた。しかし,寿永2(1183)年7月ごろから源氏に呼応して挙兵し,法住寺合戦や一の谷の戦などで活躍した。源義経に近づきその畿内支配の一翼を担うが,やがて文治1(1185)年11月,義経の都落ちに当たっては,豊嶋冠者らと共に義経を摂津国河尻に追撃し,源頼朝に忠誠を示している。激動の内乱期を,変わり身の早さで生き抜こうとする武士の典型ともいえるが,その後の事蹟は詳らかでない。

(田中文英)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android