コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火伏せ/火防 ヒブセ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぶせ【火伏せ/火防】

火災を防ぐこと。特に、仏が霊力によって火災を防ぐこと。火よけ。「―の神」「―のお札(ふだ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぶせ【火伏せ】

火災を防ぐこと。ひよけ。特に、火を防ぐ神仏の力にいう。 「 -の神」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の火伏せ/火防の言及

【秋葉信仰】より

…秋葉信仰は火難・水難よけ,とくに火難よけ(火伏せ)の信仰として全国的に分布しているが,とくに関東・中部地方に濃厚である。この信仰の中心は遠州秋葉山で,各地の秋葉山はここから分祀したものといえる。…

【愛宕信仰】より

…京都愛宕山にまつられている愛宕神社を中心とする信仰。火伏せの信仰が中心である。近畿地方を中心として代参講が形成され,愛宕山へ代参を送り火伏せの札と樒(しきみ)の枝とを受けてくるほか,6月あるいは7月の24日に〈愛宕火〉と称して火祭をする所もみられる。…

【金毘羅信仰】より

…漁村で金毘羅神をまつっているところは,全国に多い。水の神として,火伏せの信仰もある。権現には,金毘羅神の守り札をかざして火を防ぐ火難除けの絵馬や,江戸の町火消しが奉納した灯籠もある。…

※「火伏せ/火防」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火伏せ/火防の関連キーワード方広寺(静岡県)千光寺(広島県)米川の水かぶり神楽(歌舞)宝登山神社春野[町]火焼け地蔵秋葉神社秋葉信仰愛宕信仰大償神楽山伏神楽愛宕神社太神楽秋葉原火除け権現舞中新田方広寺秋葉山