コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火伏せ/火防 ヒブセ

2件 の用語解説(火伏せ/火防の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐ぶせ【火伏せ/火防】

火災を防ぐこと。特に、神仏が霊力によって火災を防ぐこと。火よけ。「―の神」「―のお札(ふだ)」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の火伏せ/火防の言及

【秋葉信仰】より

…秋葉信仰は火難・水難よけ,とくに火難よけ(火伏せ)の信仰として全国的に分布しているが,とくに関東・中部地方に濃厚である。この信仰の中心は遠州秋葉山で,各地の秋葉山はここから分祀したものといえる。…

【愛宕信仰】より

…京都愛宕山にまつられている愛宕神社を中心とする信仰。火伏せの信仰が中心である。近畿地方を中心として代参講が形成され,愛宕山へ代参を送り火伏せの札と樒(しきみ)の枝とを受けてくるほか,6月あるいは7月の24日に〈愛宕火〉と称して火祭をする所もみられる。…

【金毘羅信仰】より

…漁村で金毘羅神をまつっているところは,全国に多い。水の神として,火伏せの信仰もある。権現には,金毘羅神の守り札をかざして火を防ぐ火難除けの絵馬や,江戸の町火消しが奉納した灯籠もある。…

※「火伏せ/火防」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone