コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火打ち土台 ヒウチドダイ

リフォーム用語集の解説

火打ち土台

木造建物で水平に直交する部材の接合部・交差部がしっかりと固定されるように斜めにかけわたされた補強材のこと。土台の交わるところに入れるものを火打ち土台という。地震時などに建物の角がゆがまないように、土台面、床面、梁面などに必ず入れる部材のひとつである。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android