コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火打ち土台 ヒウチドダイ

1件 の用語解説(火打ち土台の意味・用語解説を検索)

リフォーム用語集の解説

火打ち土台

木造建物で水平に直交する部材の接合部・交差部がしっかりと固定されるように斜めにかけわたされた補強材のこと。土台の交わるところに入れるものを火打ち土台という。地震時などに建物の角がゆがまないように、土台面、床面、梁面などに必ず入れる部材のひとつである。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火打ち土台の関連キーワード羽子板ボルト部材平画面剛接合火打ちラーメン構造木造軸組工法(在来工法)木造建物の耐震診断ホールダウン金物補強金物

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone