土台(読み)どだい

精選版 日本国語大辞典 「土台」の意味・読み・例文・類語

ど‐だい【土台】

[1] 〘名〙
① 土で築いた台。土を盛り固めて作った高い台。〔南斉書‐魏虜伝〕
建築物の最下部にあって、上部重みを支える横木。付土台、割土台、まる土台など。また、すべて建築物の最下部をなす部分。いしずえ。礎石。〔羅葡日辞書(1595)〕
物事根本基礎。基本。おおね。元になるもの。たね。
※玉塵抄(1563)二二「卦はしたから上(かみ)えたたみあぐるぞ、したの一画の卦がどだいにして上(う)えしそえた心ぞ」
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「常に正史上の事実をもて其脚色の起本(ドダイ)として、其小説をば編みたりしが」
[2] 〘副〙 元来。根本から。もともと。ねっから。
経覚私要鈔‐宝徳元年(1449)七月四日「土代直仕丁等下遣之条不可然」
社会百面相(1902)〈内田魯庵〉変哲家「元来(ドダイ)議院政治なんて奴は衆愚に媚びるんだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「土台」の意味・読み・例文・類語

ど‐だい【土台】

[名]
木造建築の骨組みの最下部にあって、柱を受け、その根本をつなぐ横材。建物荷重を基礎に伝える。
建築物の最下部にあって、上の重みを支えるもの。基礎。「土台石」
物事の基礎。物事の根本。「信頼関係を土台から揺るがす事件
[副]根本から。はじめから。もともと。「土台無理な相談だ」「土台勝てるはずがない」
[類語](基礎礎石基本大本おおもと根本こんぽん根幹中心基軸基調基底根底もとい下地初歩いろはABC基盤基幹基部大根/(元来もともともとより根っから本来大体自体そもそも何等なんら全然全く一向さっぱりまるきりまるで少しもからきしちっとも皆目一切まるっきりとんといささかも毫も微塵も毛頭更更何もなんにも何一つ一つとして到底とても全くもっててんで寸分一寸寸毫毫末夢にも

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「土台」の意味・わかりやすい解説

土台 (どだい)

木造建築の柱の根もとを水平につないで柱の位置を正確に決めるとともに,柱から伝えられる荷重を基礎に伝える役割を果たす構造部材。基礎まで達する柱の間にはさむ場合を割り土台,片側だけ柱の側面に差し固める場合を付け土台,すべての柱の下に通して入れる場合を丸土台ともいう。割り土台は柱下に石を据える玉石基礎に多く,丸土台はコンクリートや地覆石などの布基礎に用いられ,アンカーボルトで基礎と緊結される。建物の内部のものは間仕切り土台,外回りは側(がわ)土台という。土台は地面の湿気や外からの風雨を受けて腐りやすいので,なるべく湿気を受けない高さで,その下端に防腐剤を塗って基礎の上に据える。土台には柱と同寸,または太めの固くて腐らぬ木材(ヒノキ,クリ,ヒバなど)を用い,側土台ではさらに水分を吸いやすい木口(こぐち)をなるべく外に見せないようにするのが望ましい。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「土台」の意味・わかりやすい解説

土台
どだい
groundsill; sill

木造建築において,柱の下部を連結する水平材で,基礎の上に載せる。柱と同寸法ないしは少し大きい角材で,湿気に強く腐りにくいアスナロ,ヒノキ,ケヤキなどの材を用いる。風力によって持上がったり,地震のときに基礎からずり落ちたりしないように,アンカーボルトで2~3mおきに基礎に固定する。また,土台の隅や直交する土台の要所には火打 (直交する土台を斜めにつなぐ角材で,両端をボルトで土台に締めつけたもの) を設け,土台の変形を防ぐ。土台や火打には必ず防腐剤を塗り,シロアリの危険のある地域では,防蟻 (ぼうぎ) 剤を注入しておく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典 「土台」の解説

どだい【土台】

木造建築で、柱を固定するために、基礎の上に横に置いた木材や鉄骨。柱から基礎に荷重を伝える役目をする。一般にもっとも地面に近い部材であるため、湿気や虫害などの影響を受けやすく、事前に防腐処理が施される。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

リフォーム用語集 「土台」の解説

土台

木造建築において、1階の柱の下部に設置し、柱から伝えられた荷重を基礎に伝える役割をもつ横材。布基礎にアンカーボルトで緊結される。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

普及版 字通 「土台」の読み・字形・画数・意味

【土台】どだい

土の基台。

字通「土」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android