土台(読み)どだい(英語表記)groundsill; sill

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土台
どだい
groundsill; sill

木造建築において,下部を連結する水平材で,基礎の上に載せる。柱と同寸法ないしは少し大きい角材で,湿気に強く腐りにくいアスナロヒノキケヤキなどの材を用いる。風力によって持上がったり,地震のときに基礎からずり落ちたりしないように,アンカーボルトで2~3mおきに基礎に固定する。また,土台の隅や直交する土台の要所には火打 (直交する土台を斜めにつなぐ角材で,両端をボルトで土台に締めつけたもの) を設け,土台の変形を防ぐ。土台や火打には必ず防腐剤を塗り,シロアリの危険のある地域では,防蟻 (ぼうぎ) 剤を注入しておく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ど‐だい【土台】

[名]
木造建築の骨組みの最下部にあって、柱を受け、その根本をつなぐ横材。建物の荷重を基礎に伝える。
建築物の最下部にあって、上の重みを支えるもの。基礎。「土台石」
物事の基礎。物事の根本。「信頼関係を土台から揺るがす事件」
[副]根本から。はじめから。もともと。「土台無理な相談だ」「土台勝てるはずがない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どだい【土台】

木造建築の柱の根もとを水平につないで柱の位置を正確に決めるとともに,柱から伝えられる荷重を基礎に伝える役割を果たす構造部材。基礎まで達する柱の間にはさむ場合を割り土台片側だけ柱の側面に差し固める場合を付け土台,すべての柱の下に通して入れる場合を丸土台ともいう。割り土台は柱下に石を据える玉石基礎に多く,丸土台はコンクリート地覆石などの布基礎に用いられ,アンカーボルトで基礎と緊結される。建物の内部のものは間仕切り土台外回りは側(がわ)土台という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どだい【土台】

( 名 )
木造建築で、柱の下にあって、柱から伝えられる荷重を基礎に伝える役割を果たす横材。
家や橋などの建造物の底部にあって、上の重みを支えるもの。基礎。 「 -石」
物事の基礎。もとい。基本。 「会社の-をつくった人」
( 副 )
〔「土台からして」の意から〕 (多く否定的な表現を伴って)その物事の根本に立ち返って結論づける気持ちを表す。もともと。元来。 「 -目算が立たない」 「 -無理な話だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

どだい【土台】

木造建築で、柱を固定するために、基礎の上に横に置いた木材鉄骨。柱から基礎に荷重を伝える役目をする。一般にもっとも地面に近い部材であるため、湿気や虫害などの影響を受けやすく、事前に防腐処理が施される。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ど‐だい【土台】

[1] 〘名〙
① 土で築いた台。土を盛り固めて作った高い台。〔南斉書‐魏虜伝〕
② 建築物の最下部にあって、上部の重みを支える横木。付土台、割土台、まる土台など。また、すべて建築物の最下部をなす部分。いしずえ。礎石。〔羅葡日辞書(1595)〕
③ 物事の根本。基礎。基本。おおね。元になるもの。たね。
※玉塵抄(1563)二二「卦はしたから上(かみ)えたたみあぐるぞ、したの一画の卦がどだいにして上(う)えしそえた心ぞ」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「常に正史上の事実をもて其脚色の起本(ドダイ)として、其小説をば編みたりしが」
[2] 〘副〙 元来。根本から。もともと。ねっから。
※経覚私要鈔‐宝徳元年(1449)七月四日「土代直仕丁等下遣之条不可然」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉変哲家「元来(ドダイ)議院政治なんて奴は衆愚に媚びるんだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

土台の関連情報