灯台記念日

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

灯台記念日

1868(明治元)年11月1日に国内で初めて西洋式灯台が起工された日にちなみ、1949年に制定された。江戸幕府英仏蘭米と結んだ条約で西洋式灯台の設置を求められ、英仏から技術者を招き、初の灯台となる観音埼灯台や六連島(むつれしま)灯台、部埼灯台などが建設された。明治以前はのろしやかがり火、海上の杭などが灯台の役目を果たしていた。

(2018-10-31 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の灯台記念日の言及

【灯台】より

… 西洋式の灯台は1869年(明治2)点灯された観音埼灯台が最初で,日本の近代灯台事業はここに始まったとされている。現在の灯台記念日は,観音埼灯台起工の日すなわち1868年(明治1)11月1日(旧暦9月17日)をもって,1949年に制定された。灯籠【玉井 哲雄】【沓名 景義】
[設置場所]
 設置場所は灯台の目的によって異なる。…

※「灯台記念日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

灯台記念日の関連情報